本文へ移動

デジタルタコグラフ

日本経済の発展には効率的な物流が必要不可欠です。そんな、物流、運送業界の運行を効率化するのがデジタルタコグラフ(デジタコ)です。
 
デジタルタコグラフ(デジタコ)は、車両やドライバーごとの運行情報を、記録します。速度、エンジン回転数、GPSによる位置情報、はたまた荷物や荷主、積卸場所などさまざまな情報を専用ソフトで管理、解析、帳票化できます。その情報を、解析することで今まで以上に効率的な運行を実現します。

効率的な運行管理を実現!!

安全運転・経済運転 効率的な運行鵜管理を実現します。

日報の自動作成により手書きの日報が不要になるだけでなく、商品情報・燃費情報等のデータ収集も可能なので、労務管理業務・請求業務への連動が容易に行えます。

効果的な乗務員指導により 燃費改善と共に輸送品質の向上が図れます。

点数化され公平で解かりやすい運転評価となり、乗務員教育に効果を発揮します。これにより、燃費改善や危険運転抑止効果も期待できます。
 
教育や努力から生まれる良質な運輸業務、運行管理は荷主様への企業アピールにもつながります。

取扱機種

クラウド型 カードがいらない通信デジタコ

国土交通省認定の富士通製デジタルタコグラフ(デジタコ)がカードレスになって新登場。従来の機能はそのままに通信ですべての データを富士通のクラウドデータセンターに集約します。
今まで、車両が戻ってくるまでわからなかった状況が運行途中でも 確認できます。また、乗務員がカードの読み込みを待って並ぶ事もなくなります。
 
さらに、ドライブレコーダの機能を加え、事務所から画像をリアルタイムで確認可能な機能を実現。
TOPへ戻る