本文へ移動

IP無線機

IP無線機は、携帯電話のデータ通信網を利用し広範囲で利用可能な無線機です。今までの無線機と同じ使い勝手で利用できるので、無線機ならではの「一斉通話」「グループ通話」「個別通話」はもちろん、「割り込み通話」などの通話が出来るようになりました。
また、利用料金は携帯電話と違い定額料金ですので、業務連絡をスムーズにきめ細かくとる事が出来ます。

IP無線機ボイスパケットトランシーバーの仕組み

IP無線機は、音声をデータに変換し、パケットとして運ぶことで無線機としての利用を可能にしました。

携帯電話のネットワークを利用する事で、広範囲な通話エリアで利用可能です。音声をデータに変換して、パケット通信で通信しサーバで処理する事で、様々な通話機能が実現出来ます。

携帯電話が使えるエリアなら、どこでも使える

携帯電話のネットワークを利用する事で、広範囲で安定した通話が可能です。従来の広域無線システムではエリア外となってしまった、山間部やビルの谷間でも安定してご利用いただけます。

災害時などでもつながりやすい通話エリア

従来の広域無線システムは、災害などで中継器が使えなくなると、そのエリア一体が通話不能になりますが、IP無線機の使う携帯電話の基地局は、1つの基地局のカバーエリアが1~3kmと小さく設計されており、エリアが重複するように設計されている為、1つの基地局が利用出来なくなっても、通話可能が出来る可能性があります。
TOPへ戻る